企業情報

Eat Creativeは、デザインとストラテジーを通じて、これからのみらいに向けて進む組織やビジネスの課題を解決する、マルチカルチャー / マルチリンガルチームです。国内外を問わず、グローバル企業、NPO、スタートアップなど、幅広いクライアントのブランディングとコミュニケーションを手がけています。

What we do

ブランディング

ヒアリングを通じてブランドのビジョンを可視化し、バーバルアイデンティティ(ブランドネーム / タグラインなど)とビジュアルアイデンティティ(ロゴ / トーン&マナーなど)を開発します。ブランドを組織内に浸透させるためのインナーブランディングも行っています。

  • Local market insights
  • Brand positioning and messaging
  • Campaign planning and ideation
  • Creative Strategy
  • Local market insights
  • Brand positioning and messaging
  • Campaign planning and ideation
  • Creative Strategy
  • Local market insights
  • Brand positioning and messaging
  • Campaign planning and ideation
  • Creative Strategy

デザイン

プリント、ウェブサイト、イベント、ムービー、マーケティングキャンペーンなど、デジタル / フィジカルを問わず、コミュニケーションツールのデザインを行います。

  • Visual and Verbal Identity
  • Digital Campaigns
  • Print Design
  • Web Development
  • Social Assets
  • Events and Production
  • Visual and Verbal Identity
  • Digital Campaigns
  • Print Design
  • Web Development
  • Social Assets
  • Events and Production
  • Visual and Verbal Identity
  • Digital Campaigns
  • Print Design
  • Web Development
  • Social Assets
  • Events and Production

ライティング

「情報」を「コンテンツ」に。ブランドらしさはそのままに、日本語 / 多国語で、人びとに納得や驚き、ワクワクを届けるテキストを手がけます。

  • Content creation
  • Editorial
  • Transcreation
  • Content creation
  • Editorial
  • Transcreation
  • Content creation
  • Editorial
  • Transcreation

How we work

Resonant Stories

これからのみらいに向けたストーリーをかんがえる 人びととブランドのつながりを形づくるストーリーをかんがえることが、ブランディングの第一歩です。ブランドの理念や歴史、ビジョンを明確にし、これからの未来に向けた価値を定義します。

Powerful Ideas

ブランドと人びとをつなぐアイデアを創造する 文化や環境をひもといて、「クライアントが伝えたいこと」と「人びとが聞きたいこと」を結び、ブランドとのつながりを築くためのコミュニケーションをデザインします。

Inspiring Collaboration

クライアントと並走する 「クライアントのために」に留まらず、「クライアントとともに」。多国籍のチームが、グローバルな視点と各国の文化への深い知見を活かしながら、クライアントと並走し、ブランドの成長を育みます。

Holistic Brands

ブランドを跳び越えて変化を創造する ブランドとビジネス、コミュニケーション、コミュニティのつながりを見渡し、デザインとストラテジー、コンテンツを通じて、クライアントの課題を解決します。

Who we are

Eat Creativeでは、多様なバックグラウンドのコアメンバーが、各国に広がるネットワークから選ばれたクリエイターとチームを組み、プロジェクトに取り組んでいます。幅広いスキルと視点を活かして、心をうごかすクリエイティブを創造します。

アリスン・ジャンベール / エグゼクティブ・コミュニケーション・ディレクター

名シェフ、レイモン・ブランのレストラン「ル・マノワール・オ・キャトル・セゾン」でイベントマネージャーとして活躍するなか、食に開眼。香港を経て日本に移り住み、アジア文化への愛着により「Eat Magazine」の創刊とEat Creativeの設立に至った。Eat Creativeでは、PRとマーケティング分野での経験を活かしながら、ビジネスの発展をサポートしている。現在はEat Creativeの香港オフィスを運営。週末には子どもたちの面倒を見るかたわら、フットサルの試合に励む。

スティーブ・マーティン / エグゼクティブ・クリエイティブ・ディレクター

天体物理学の学位をもち、大学卒業後は地質学者としてキャリアをスタート。この経験を通じて、複雑なアイデアをシンプルかつ丁寧に伝えることの価値を実感。コンテンツ開発とストーリーテリングに傾倒していく。これに食への偏愛が合わさり、フードマガジン「Eat Magazine」の創刊に至った。その独創的なデザインが話題を呼び、クリエイティブ・ブランディング・エージェンシー「Eat Creative」の誕生につながった。設立以来エグゼクティブ・クリエイティブ・ディレクターを務めるEat Creative以外では、自宅のキッチンで活躍。愛娘とともに、美食道を邁進している。

中條あや子 / 代表取締役社長

武蔵野美術大学卒業。ブランディング、インテリアデザイン、ビジュアルマーチャンダイジングの分野で長年にわたる経験をもつ。日英両国のインテリアデザイン事務所で活躍した後、インテリアデザインとブランディングのコンサルタントとして独立。海外ファッションブランドの日本参入を数多く支援した。Eat Creativeの共同設立者であり、代表取締役社長としてビジネスを推進するかたわら、日本語コンテンツの開発とプロジェクトマネージメントも行う。天気のいい日には、愛車のブロンプトンで山道を駆けている。

陶山智恵美 / スタジオマネージャー

カイル・アメット / アートディレクター / デザイナー

屋木一馬 / ストラテジックプランナー / エディター

ハオ ショーン  / プロジェクトアシスタント

チャッド・ファイアン / マルチメディア