対話力は設計力

安井建築設計事務所

建築のこれからを語るウェブデザイン

  • プリント
  • デジタル
  • コンテンツ
  • トランスクリエーション

1924年に創設され、100年近くにわたり活動を行ってきた安井建築設計事務所。慣例を重視しがちな建築業界において、その設計思想は独自の存在感を放っています。

Eat Creativeは2008年より、同事務所が竣工したプロジェクトを紹介し、その背景にある姿勢を伝えるリーフレット「対話力は設計力」を手がけています。作成にあたっては、建築作品を実際に肌で感じ、建築家から聞き取りを行う過程を重視。プロジェクトごとに異なる課題と解決に至るまでのプロセスを知り、同事務所の取り組みを物語として紡いでいます。それを彩るのは、縦書きの繊細な明朝文字とシックなゴールドのインク。フランク・ピックの格言「デザインとは可視化された知性である」を理念とする安井建築設計事務所の叡智が、このリーフレット一つひとつに込められています。


Eat Creativeには、クライアントのビジネスの本質を見抜く眼があり、時間をかけて育む深い洞察力がある。グローバルな視点に基づく経験と知見は豊かで、切り込みは明瞭で新鮮であり、いつも期待以上の手ごたえをもたらしてくれる。その成果はクライアントが自らの足元を見つめ、そして未来に向けて語りかけ、歩み出す勇気を与えるものだ。Eat Creativeは、喜びに満ちた旅を続けるための、唯一無二の同行者と言えるだろう。

安井建築設計事務所
代表取締役社長
佐野吉彦