日本におけるドイツ文化のイメージを刷新

+

日本ではその伝統や歴史が連想されるドイツですが、ヨーロッパではモダンなデザイン先進国として知られています。ドイツ語教育の推進と国際的な文化交流を目的に設立された文化機関、東京ドイツ文化センター(ゲーテ・インスティトゥート)は、そんなドイツの魅力を若い世代を中心により広く伝たえるため、新たなビジュアルアイデンティティとコミュニケーションツールの作成をEat Creativeに依頼しました。

Eat creativeは、スイス人デザインデュオ「so+ba」をアソシエイトアートディレクターに迎え、イメージブローシャー、文化イベントカレンダー、ドイツ映画祭「HORIZONTE」のフライヤーを制作しました。多言語化に対応したガイドラインが存在しなかったため、本国のデザインガイドラインを踏襲し、現代のドイツを象徴するビジュアルアイデンティティを日本向けに作成。写真のトリミングからタイポグラフィ、レイアウトに至るまで、ドイツらしい機能美に満ちたデザインが表現されています。