進化するホテルブランドをグローバルに支援

<
>
+

ザ・ペニンシュラホテルズは、グローバルに展開するラグジュアリーホテルグループです。Eat Creativeは2006年からザ・ペニンシュラ東京にまつわる全印刷物の制作を担当しており、2018年からは親会社である香港上海ホテルズのもと、グループのグローバルブランディングも請け負っています。

ザ・ペニンシュラ東京

ザ・ペニンシュラ東京は2007年にオープン。その1年前の2006年から、Eat Creativeは国内唯一のクリエイティブエージェンシーとして、ゲストディレクトリーからマッチ箱に至るまで、すべての印刷物のローカライゼーションを行い、東京流のおもてなしを実現しました。そのほかにも、ウェディングキットやダイニングイベントをはじめ、さまざまなサブブランドの開発にも携わっています。

最新のプロジェクトとしては、ホテルの10周年を祝うアニバーサリーロゴを手がけました。水引からインスピレーションを得たこのロゴは、ホテルがこれまでゲストと築いてきた関係を表現した特別なものとなっています。

ザ・ペニンシュラホテルズ

Eat Creativeでは、同グループのグローバルブランディングも担当。これまでの経験をもとに、香港本社と密に連携しながら、今後多くのホテルがオープンを控えるペニンシュラブランドのコミュニケーションツールのデザインを統括しています。

東京で手がけたもの

  • クライアントマネジメント
  • クリエイティブディレクション
  • ブランド管理
  • デザイン / プロダクション
  • テキスト(日本語 / 英語)
  • イメージ管理
  • ベンダーマネジメント

香港で手がけたもの

  • クライアントマネジメント
  • クリエイティブディレクション
  • グローバルブランドガイドライン
  • グローバルでのブランド管理
  • デザイン / プロダクション
  • ベンダーマネジメント