「One dish. One wine. One artist.」がコンセプトのレストランをプロデュース

<
>
+

絶品餃子、唯一無比のラーメン、こだわりのドリップコーヒー。ひとつの道を極めようとするのが、日本の飲食店文化の特徴です。そこにヒントを見出したのが、メルボルンで多くのレストランを経営するデビッド・マッキントッシュさん。「One dish. One wine. One artist(ひとつの料理、ひとつのワイン、ひとつの音楽)」というコンセプトのもと、東京で新店の開設に着手しました。

フレッシュトリュフをつかったパスタ、上質な赤ワイン、レッド・ツェッペリンという3つの要素からなる、これまでにないダイニングの実現に向けたパートナーとして、Eat Creativeではブランディングとプロジェクトマネジメントを担当。インテリアデザインの監修には、気鋭の建築家として知られるA.N.D.の小坂竜さんを迎えました。13席のコンパクトなレストランは、ショッキングピンクのネオンサインが目印。オーダーシステムには、ラーメン屋にあるような券売機を導入しました。ロゴにもネオンサインと同じデザインが用いられ、ブランドの象徴としてきらめいています。

手がけたもの

  • クライアントマネジメント
  • プロジェクトマネジメント
  • ブランディング / ビジュアルアイデンティティ
  • アートディレクション
  • プリント / デジタル
  • テキスト(日本語 / 英語)

パートナーとのコラボレーション

  • インテリアデザイン / 竣工
  • PR / 広報
  • 写真撮影