世界的ブームのドリンクで、いち早く市場のポジション取りをする秘策を考えました。

+

私たちのソリューション

日本市場におけるココハイドロのブランドポジションを定めるため、私たちは粉末状で販売することのポジティブな側面を明確にアピールすることにしました。環境にやさしいイメージに加え、既存のココナッツ製品にありがちな南国風のイメージをあえて避け、売り場で特長をはっきりと主張できる視覚言語の制作に着手しました。 Eat creativeが開発したココハイドロのビジュアル・アイデンティティーは、パッケージ、ウェブサイト、展示会、販促ツール、プレスリリースなどに適用され、一貫性のあるメッセージを発信しています。 この市場で生き残る戦略のひとつは、ブランド自体がサスティナブルであること。他社製品と明確に一線を画すイメージを定着させることで、将来に液状ココナッツウォーターを販売する際のアドバンテージも見込み、日本におけるココナッツウォーターの先駆けとして確かな一歩を踏み出しました。

プロジェクト内容

  • ブランディング
  • コンテンツ・クリエーション
  • プリント
  • ウェブ
  • プロジェクト・マネージメント